FREE SHIPPING FOR ORDERS OVER $50 AUSTRALIA WIDE

Kuroino くろいの

Product Description

ひとりで帰るいつもの道で、女の子が不思議ないきものをみつけます。どうやら、自分にしか見えていないみたいです。ある日、思いきって声をかけると、その〝くろいの〟は、台の上からおりてきて、とことこ歩きだしました。ついていくと、へいの穴からもぐりこんだのは、ほどよく古びた日本家屋。そこは、くろいのの家でした。
おしゃべりはしないまま、居心地のいい居間でお茶を飲んだあと、くろいのは女の子を、押し入れの中から屋根裏につれていってくれました。そこに広がっていたのは、暗闇の中にキノコやコケが光る幻想的な世界。ブランコやすべり台で思いきり遊んだあと、ふたりは大きな生きものの柔らかな毛なみにつつまれてぐっすり眠りました。お母さんの夢を見た女の子は、また、くろいのとともに居間にもどってきます。
わかれぎわ、くろいのは一輪の花をくれました。帰り道のとちゅうで、お父さんとばったり会った女の子は、ふたりでなかよく家にむかいます。

ひとりでいるときの子どもの心に優しく寄り添ってくれる不思議な生きもの、くろいの。そのくろいのとわたしの愛おしくなる出会いを描いたあたたかな絵本。

On the usual way back home, a girl finds a mysterious "Kuroi". Apparently, she's the only one that can see it. One day, when she calls out with all her might, the "Kuroi" comes down from the wall and starts walking. As she follows, it goes into an old Japanese house through a hole in the fence. It was Kuroi's house.
After drinking tea in the cozy living room silently, Kuroi takes the girl into a closet which leads to an attic. She discovers a fantastic world where mushrooms and moss shine in the dark. After playing on the swings and slides, the two sleep soundly, wrapped in the soft hair of a large creature. 
Before leaving, Kuroi gives her a flower. On the way home, the girl meets her father and they go home together

Kuroi is a mysterious creature that gently snuggles up to the child's heart when he is alone. A warm picture book that depicts an unlikely new friendship.

 

Awards:

  • Nami Concours Purple Island Award (2018)
  • National School Library Council / Selected Books (2018)
  • Shogakukan Children's Publishing Culture Award (2019)
  • Japan Picture Book Award / Grand Prize (2020)

 

Author: Kiyo Tanaka

Publisher: Keiseisha

64 pages

Hardcover

Dimensions: 19 x 23cm

$28.50
Maximum quantity available reached.

Related products